ガススプリングとは

ガススプリングとは

ガススプリングは重い物を持ち上げたり、支えたりする動作の補助をする製品です。ガススプリングのシリンダー内に、加圧されたガスとオイルが封入されており、このガスのばね力(反力)を利用して、扉類などの開閉動作を補助しています。

【フリーピストン形の特長】
360°全方向に取付可能です。
ピストンロッドの伸び速度を調整できます。オールガスタイプに比べ、ピストンロッドが伸びる速度が遅いため、快適なフィーリングを提供できます。

こんな場面に使われています!

リクライニングシート

大型冷蔵庫

【オールガス形の特長】
ストローク長に対し、全長がコンパクトで、短いスペースへの取付にオススメです。ピストンロッドを下向きにして、±60°の範囲でご使用ください。

こんな場面に使われています!

モニタ昇降機

ゴミストッカー

ガススプリングの特性

小型・軽量でありながら、
大きなばね力(反力)が得られるため、
自動車のハッチバックや、重い扉の開閉など、
日常生活のさまざまな場面で利用されています。

ガススプリングのばね力(反力)は長いストロークの中でも
ほぼ一定であるため伸びる時や縮む時によって軽く
なったり重くなったりすることはなく、
安定した操作感を得ることができます。

ガススプリングは、ガス・オイルの量や、寸法を工夫し圧力を調整することで、用途に応じた設計ができ、さまざまな場面に応用できます。また、ばね力(反力)と共に、オイルによる減衰力で扉類の開閉策度をコントロールします。

反発力特性

ガススプリングはコンパクトでありながら、強い反発力を発揮します。右図のとおり、ガススプリングのばね力(反力)は伸び実線と縮み実線が水平に保たれます。これは、ガススプリングが伸び縮みする際に必要な力がほぼ一定であることを表しています。そのため、動作によって軽くなったり重くなったりすることなく安定した操作感を得ることができます。

※P2=縮み始めて10ミリの時の反力
P4=完全に縮む10ミリ手前の反力
P3=伸び始めて10ミリの時の反力
P1=完全に伸びる10ミリ手前の反力

※ロッドを押し込む時に摩擦がおきるため、伸び実線(P3→P1)より縮み実線(P2→P4)が高くなります。

ガス反力計算方法

ガススプリングは、ガス室の内圧変化や内部部品間の摩擦抵抗によって右図の反発力特性となります。
摩擦抵抗は、伸び縮みとも同じ値となり、摩擦抵抗力の合計を f とすると、縮み方向の荷重P2(あるいはP4)および伸び方向の荷重P1(あるいはP3)は、

ガス反力をFt(あるいはFc)とすると

となります。

※Ft=最伸長時のガス反力 Fc=最縮長時のガス反力

選定方法

扉の全閉位置が水平または垂直となる場合や、扉の開き方が①全閉まで自動で閉まる②全開まで自動で開く③全閉から途中までは人の力で開け、途中から全開までは自動で開く④全閉から途中までは自動で開き、途中から全開までは人の力で開けるなど、用途に合わせた選定が必要です。
ユーエイは用途に合わせて最適な開閉速度をご提案します。
お気軽にお申し付けください。

主な取り付けタイプ

  • 水平
  • 垂直

全閉まで自動で閉まる

全開まで自動で開く

全閉から途中までは人の力で開け、途中から全開までは自動で開く

全閉から途中までは自動で開き、途中から全開までは人の力で開ける

全閉まで自動で閉まる

全開まで自動で開く

全閉から途中までは人の力で開け、途中から全開までは自動で開く

全閉から途中までは自動で開き、途中から全開までは人の力で開ける

ガススプリングの必要反力(F)は、下記の式に基づいて選定できます。

F:必要反力(最大長時)W:扉(開閉物)の重量L1:ヒンジ(支点)から重心までの水平距離L2:ヒンジ(支点)からガススプリングの軸線までの垂線距離A:扉(開閉物)のヒンジ(支点)B:ガススプリングの本体側の取付点C:ガススプリングの扉側の取付点

  • ガススプリングの必要反力は、F=で求められます。
    F×1.1以上になるように選定してください。
  • 必要反力(F×1.1以上)がガススプリングの公称反力 Ft値(最大長-10mm時の反力)より大きい場合は、2本以上使用してください。(通常2本1組での使用を推奨します)
  • ガススプリングの反力は、20℃時の設定です。環境温度が10℃変化する毎に反力は、約3.4%増減しますので、使用環境条件を考慮して選定してください。

Contact

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

カタログ

PDFデータをダウンロードいただけます。